カテゴリー「電気」の記事

電子ブレーカーでコストカットが可能な業種は?

2019年12月18日 / 電気

電気ブレーカーは、電気を使う上で必ず設置されている機器ですが、これによって電流がある一定の量流れてしまって、即電源が切れてしまいますと業務に支障が出てしまう業種があります。このような業種に適しているブレーカーが電子ブレーカーです。
電子ブレーカーを活用する事でコストカットが可能な業種は、自動車などを製造したり、食品などを生産している工場、農林水産関係の業種や様々なサービス業でしょう。これらでは、常に電気を使っているケースが多く、近年ではオンラインサービスだけでなく、キャッシュレス化が進んでいますので、ますます安定した電気を使う事が出来る環境を整えなければいけません。
電子ブレーカー

何をすればコスト削減出来る?

2019年11月16日 / 電気

何をすれば電気料金のコストを下げることができるのかよく分からずに困っている人がけっこういますが、電子ブレーカーを取り付けるだけでもコストを下げることができます。
株式会社ネオ・コーポレーションでは魅力溢れる電子ブレーカーを多数販売しており、それを取り付けるだけで電気料金を削減することができるので大変人気があります。
また紹介キャンペーンを実施している点も大きな魅力で、1件以上の成約で25000円相当の豪華賞品をもらうことができるので注目している人が沢山います。
ネオ・コーポレーション

意外と知らない電力自由化のこと

2019年10月21日 / 電気

インフラの自由化は日本ではまず電話事業から始まり、その後電力でも自由化がなされました。当初は価格ありきの競争が激化していましたが、発電コストの高騰や電力市場のダブつきなどから現在はひと段落していて、現在では他のインフラやサービスとの一括契約によるセット割り引きを行っている事業者が多く見られます。
中には発電のすべてを再生可能エネルギー行っていて、エコな電気を売りとする事業者もあり、環境問題に関心のある受給者からの注目を集めています。価格だけでなくその他の面での差別化を図っている事例です。
電力自由化というと価格のみが先走っていますが、どこに注目するかによって契約先が選択される時代になっています。

電力自由化

エアコンの使用をケチらないで電気代を下げる方法は?

2019年9月16日 / 電気

エアコンの消費電力は付け初めが一番大きいため、短時間の外出ならつけっぱなし、長時間の外出ならタイマーをセットして管理する方が電気代が安いです。
エアコンの設定温度は1度上げ下げするだけで大分変わります。
節約の為には夏28度、冬20度がベストです。
設定温度を1度下げるよりも風量を強くする方が消費電力の削減になります。
又、除湿も削減になりますが、2種類ある為注意が必要です。
弱冷房除湿は冷房よりも少なく節約になりますが、再熱除湿は冷房よりも大きいです。

エアコン

TOPへ戻る